読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おれブログ

インターネット業界の片隅にいる40代のオッサンによる雑記系ブログです。


スタバのドリップコーヒーはどのサイズが一番お得なのか?(改)

日々雑感

前身ブログ「オレハック」で人気だったスタバネタ。

その中でも特に人気だったのが、すでに公開済みの『スタバの当たりレシートについて - おれブログ』とドリップコーヒーお得ネタです。

今回はこのドリップコーヒーお得ネタを公開したいと思います。ただし、スタバのサイズ別容量が若干変わったので(改)をつけて情報を最新にしました。

f:id:hi-zakky:20140106234641j:plain



One More Coffeeサービス

今さら説明するまでもないんですが一応念のため。

スタバのドリップコーヒーはレシートを持っていくと100円で同サイズ1杯おかわりができます。

1回だけです。最初に買ったときのレシートにはOne More Coffeeサービスの説明が印刷されていて、おかわりした時のレシートにはそれが印刷されてません。

おかわりの時にレシート返してっていうと、スタンプを押して返してくれます。当然スタンプ押印済みのレシートではおかわりできませんw

あと、おかわりは1杯目を買った店舗とは別の店舗でもOKです。これが意外と便利だったりします。


どのサイズが一番お得なのか?

というわけで上記のOne More Coffeeサービス(以下、OMC)前提で考えた時、どのサイズを買うのが一番お得なのかを考えてみたいと思います。

下の表をご覧ください。

ドリップコーヒーコスパ計算

サイズ


値段

100ml値段
OMC
OMC
値段
OMC
100ml値段
Short 240ml 300円 125.0円 480ml 400円 83.3円
Tall 350ml 340円 97.1円 700ml 440円 62.9円
Grande 470ml 380円 80.9円 940ml 480円 51.1円
Venti 590ml 420円 71.2円 1180ml 520円 44.1円


どうでしょうか。まず何といってもVentiOMCのコストパフォーマンスはすごいですね。Short単独の1/3くらいになってます。ただし量は1リットル以上なのでそもそもそんなに飲めるのか?という話も。。。

コスパを考えるとどうしてもOMC前提になってしまうんですが、ShortやTallで100円プラスするとなんか400円超えてしまい、だったら最初から上のサイズにしてもいいんじゃね?とか思ってしまう。

なかなかジレンマですね。



スポンサーリンク


持ち込みカップ割引

ご存知の方が多いと思いますが、スタバはマイカップ持ち込みで20円割り引きになります。

上記の通り、コスパを気にするとどうしても量が多くなってコーヒーが冷めてしまうという問題にぶち当たります。

そこでステンレスタイプの真空断熱マグを持ち込むことで、冷める問題を回避しつつ、さらにコスパを上げるという方法が考えられます。ただし、Venti頼むには0.6Lサイズが必要なのでご注意を。

というわけで以下がカップ持ち込み割り引き後の計算結果です。 あ、ちなみにOMCの2杯目にはこの割り引きは適用されず、100円取られます。ご注意を。


カップ持ち込み割り引きコスパ計算

サイズ


値段

100ml値段
OMC
OMC
値段
OMC
100ml値段
Short 240ml 280円 116.7円 480ml 380円 79.2円
Tall 350ml 320円 91.4円 700ml 420円 60.0円
Grande 470ml 360円 76.6円 940ml 460円 48.9円
Venti 590ml 400円 67.8円 1180ml 500円 42.4円


というわけで俺は朝イチ&午後で真空断熱マグでVentiOMCしてます。

みなさんもご自分の思うままに頼めばいいと思います。(結局なげやり・・・)




THERMOS 真空断熱ケータイマグ  0.6L ブラック JMZ-600 BK
THERMOS (サーモス) (2012-02-21)
売り上げランキング: 410

ストーリーでわかるスターバックスの最強戦略
浅沼宏和
ぱる出版
売り上げランキング: 59,800