読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おれブログ

インターネット業界の片隅にいる40代のオッサンによる雑記系ブログです。


NHK大河 軍師官兵衛 第31話「天下人への道」感想

歴史

今週は清州会議から賤ヶ岳の戦いまでを描いた回。

しかし相変わらず色々と端折り過ぎw

合戦シーンはもう諦めてるけど、清州会議まで端折られるとはwww



NHK大河ドラマ 軍師官兵衛 一




5分もかからない清州会議w

三谷幸喜にかかれば1本の映画になってしまう程の清州会議。

このドラマでも「世に名高い清州会議」と称するだけあって、これはもう腹黒田官兵衛の腕の見せ所としてそりゃもうかくも細かい描写が目白押し、、、

▼世に名高い清州会議
f:id:hi-zakky:20140803222515j:plain:w400


ってあれ? ま、まさか終わり? もしかしてオープニングの前にやったあの寸劇だけか? (゚Д゚;)

なんと5分かからず終わってたwww

▼三法師くんがかわいすぎwww
f:id:hi-zakky:20140803222516j:plain:w400

このめっちゃカワイイ三法師くん、信長の嫡孫で後の織田秀信なんだけど、関ヶ原の戦いでは西軍に組し、関ヶ原前哨戦となる岐阜城の戦いで敗れ、高野山行きになるも、祖父信長の高野山攻めのせいで結構な迫害を受けたらしいです。結局、高野山の麓で26歳という短い生涯を閉じることになります。。。(´;ω;`)



ダメ将軍っぷりを如何なく発揮する足利義昭

そういえば先週はスルーしちゃいましたが信長が死んだら急に元気になったのが足利義昭。一応まだ征夷大将軍です。

先週は小早川隆景と吉川元春の毛利コンビに呆れられてたけど、今回は柴田勝家、吉川元春と絡む形で少し厄介な存在になってました。

でもさすが官兵衛、そこは抜かりない。すかさず義昭に謁見して柴田と吉川に牽制をかけてました。

f:id:hi-zakky:20140803222518j:plain:w400


結局、足利義昭は秀吉に降ることになるんだけど、逆に秀吉も足利義昭の前将軍の人脈とかを使うことで豊臣政権の磐石化を押し進めるんですね。

信長の後を継ぐといいつつ、信長のように新しい体制を一から作り直すのではなく、朝廷や前将軍の力を最大限利用した政権の運営をすることになります。そこにも官兵衛の考えが入ってるのかもしれません。

ちなみに足利義昭は晩年、秀吉の御伽衆に名を連ねてよき話し相手になってたとか。今はまだ京での復活を目指してるみたいだけど、それを諦めてからは穏やかな人生を送れたのかもしれません。


賤ヶ岳の戦いもまさかの5分www

実は賤ヶ岳の戦いが始まったのが残り10分切ってたし、ここは次回に持ち越しなのかなぁ、、、なんて思ったりもしてました。

が、やはりこのドラマは合戦シーンが酷い。あっさり端折るんだよね。

今回も官兵衛が地図の上に黒い碁石を打つシーンとちょっとした合戦の映像が交互に流れるだけで、気づいたら勝家とお市が燃え盛る北ノ庄城で自害してました。

▼あっという間に北ノ庄城陥落・・・(´・ω・`)
f:id:hi-zakky:20140803222519j:plain:w400


茶会で変な存在感出してたクズ中川清秀がまさかの討死スルーwww

荒木村重の謀反のきっかけを作って、保身のために村重そそのかして謀反を決定的なものにしつつ、自分はさっさと信長に降るという戦国でも有数のクズっぷりを発揮した中川清秀御大

なんか秀吉から呼ばれて千宗易(後の千利休)の茶会に列席して無駄な存在感を発揮してましたね。

▼茶会でドキドキしながら茶をすする中川清秀
f:id:hi-zakky:20140803222517j:plain:w400


変なところで変な存在感を出してたのに、賤ヶ岳の戦いを端折られたどさくさに紛れて自身の討ち死は完全にスルーされてましたw

これはちょっとカワイソス(´・ω・)

いや待てよ、、、もしかしてこのドラマでは死んだことになってなくて、この後しれっと登場したりしてw


荒木村重が道糞として再登場!

あの荒木村重が帰ってきました。

千宗易の茶の弟子として道糞(どうふん)を名乗っていました。道に落ちている犬のクソってことで道糞と名乗ってるのだとか。自虐なんだろうね。。。

▼道糞キター(゚∀゚)
f:id:hi-zakky:20140803222520j:plain:w400


最初は取り乱して聞く耳持たなかった官兵衛ですが、後にちゃんと道糞の話は聞いて、少し気になるところがあったようだ。

その内容は信長も天下が見えてきたら人が変わってきた、秀吉も恐らく同じ道を辿るだろう、そうすればまた自分と同じような化け物が生まれるかもしれない、と。

うーむ、その通りなんだよなぁ。そろそろ秀吉もおかしくなるんだよね。

多分、秀吉は官兵衛を恐れるあまり遠ざけ始め、一方で官兵衛も道糞が言うように秀吉が変わってしまって自ら遠ざかろうとする、そんな感じで距離を置く感じになりそうだなぁ、と思った。


清須会議 Blu-ray スタンダード・エディション
東宝 (2014-05-14)
売り上げランキング: 788