読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おれブログ

インターネット業界の片隅にいる40代のオッサンによる雑記系ブログです。


NHK大河 軍師官兵衛 第46話「家康動く」感想

歴史

満を持して家康が動きました。

ここまで姑息の限りを尽くしてきた三成が小者になってきた感じがする。

もう誰が主人公なのか分からん状態なんだが。(;´・ω・)


NHK大河ドラマ 軍師官兵衛 一


ウザ小西が長政と加藤清正を訴える

秀吉の死によって朝鮮から帰還した長政の前途は多難。

三成が相変わらず長政らを貶めようとしており、三成の手先と化した小西行長が長政ら武断派を訴えたんだとか。

その一方で家康が武断派を庇ってくれて、自陣営に取り込もうとしている。

三成も行長も武断派も、全てが老獪家康の掌の中で動かされてるようなそんな感じがする。


前田利家キターーー

やっぱり前田利家出てきたか。死の間際に。。。(´・ω・`)

うーむ、もう少し前から出てもよかったのでは?

演じたのは横内正さん。確か水戸黄門の初代格さんですよね。家康の対抗馬という威厳があってよかったと思います。ただ、発病前の元気な頃に登場してほしかったなぁ。第一声で咳き込んでたからなぁ。

というわけで元気な頃の利家(とまつ)のイメージをw
f:id:hi-zakky:20141116214920j:plain:w400

画像詳細はこちらをどうぞ。
【ニコニコ動画】[合戦内デート]【腐向け?】


【悲報】石田三成が小者化してきた・・・

あれだけ権勢をふるってきた三成が一気に小者化してきました。やはり耄碌じじい秀吉の権力がないと厳しいですかね。

家康の謀略にまんまとハマっていく三成。すでに家康の掌の上で踊らされてる状態です。ザコめが。。。

そんなわけですでにオワコン化してる三成ですが、家康は三成もまだまだ使い道はあると。如水の名ゼリフ”命の使い道”が家康の口から出てくるとは。。。恐るべし家康。

自分が天下を取るために、三成の命にはまだまだ使い道があると。

このタヌキ、怖すぎだろ。


いや、三成だけじゃない。長政ら武断派諸将も全てが家康の掌の上で転がされている感じだ。

あの武断派七将による三成襲撃も、その後に三成が家康に頼るのも、すべてが家康の思い描いた絵図なんじゃないかと。


如水だけは家康の野望を見抜いていた!

魔眼開眼した家康が目立つ一方で、存在感が薄くなった主人公如水。髪の毛と同調してかのような存在感の薄さw

でも、そこはさすがは主人公。武断派諸将も文治派諸将も家康の思うとおりに踊らされている中、如水だけは家康の真意に気づきました。

まぁ、秀吉が死んだ途端、あれだけやりたい放題していれば普通は気づくはずなんだけね。

そんなわけで家康の野望に気づいた如水。おねとの会話の中から、かつて秀吉に言われたことを思い出す。

「おことほどの男がなぜ天下を狙わぬ?」

ピカーン! 如水も魔眼開眼か! つーわけで、次回は如水のターン


その後のことはこちらが面白おかしく理解しやすいかもw松本人志 黒田官兵衛 - YouTube



糸はなんか病んでるね。。。

熊乃助が朝鮮に向かうのを止められなかったとか、やっと授かった子が男の子じゃなかったとか、誰も咎めてないのに勝手に気にして、ずっと引きずってる。これは完全にうつ状態だろ。。。

今週は栄姫も登場したし、次週はいよいよ長政と糸の離縁の回だと思うけど、こんな状態からの離縁ってもしかして糸をメンヘラ女にして長政正当化しちゃうのか?

だとしたら酷いなぁ。




秀吉ではなく家康を「天下人」にした黒田官兵衛 双葉新書
双葉社 (2014-06-18)
売り上げランキング: 102,116