読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おれブログ

インターネット業界の片隅にいる40代のオッサンによる雑記系ブログです。


NHK大河 軍師官兵衛 第47話「如水謀る」感想

歴史

いやぁ、謀ってましたねぇ。

あんなダチョウ倶楽部ばりの見え見えの煽りで三成動いちゃうとかwww

でも、ここに来て面白くなってきたのは確か。やっぱ秀吉政権下のストーリーはしんどかったなぁ。


NHK大河ドラマ 軍師官兵衛 一


如水(ダチョウ倶楽部ばりの煽りで)謀る

さすが我らが如水。裏工作や策謀はお手のもの。なかなかの謀でしたw

つーか、ここから先、関ヶ原へと続く全てが如水プロデュースってことらしいw

こんな感じ

如水「上杉に動かせて家康挟み撃ちとかすんなよ!絶対にすんなよ!」

三成 ・・・やべえ、いいこと聞いたwww


ところが流石の如水も脳筋息子長政の成長までは読めなかったようで、東軍での息子の大活躍によって天下は夢と化します。

この辺り、どうやって描かれるのか気になるところ。



大谷吉継、初登場!

関ヶ原に照準を合わせて、恵瓊や毛利輝元といった西軍主導者も久々に登場。

そんな中でどさくさ紛れで出てきたのが大谷吉継。独特のスルー力で存在自体スルーされると思ってたから嬉しい限り。

大谷吉継といえば石田三成の大親友として有名なんですが、実は徳川家康とも結構仲が良かったとかって言われてますね。

秀吉をして百万の軍勢を指揮させたい、と言わしめた程の勇将で、関ヶ原でも東軍寝返りの小早川隊とは対等に渡り合ったものの、さらに追加の寝返り軍勢に押されてあえなく自刃。この大谷隊の崩れから西軍全体が劣勢に回った形になっており、ここで大谷吉継が出てきたということは関ヶ原の合戦シーンはスルーしない宣言ってことなのかも。ワクワク

炎の仁将 大谷吉継のすべて (新人物往来社文庫)

新人物往来社
売り上げランキング: 65,294


糸離縁・・・

これはひでぇwww

糸がメンヘラ化したことを理由にして、黒田家の非をなかったかのような描き方。

菊との別れのシーンとかマジ残酷 。゚(゚´Д`゚)゜。

長政の再婚は家康側につくことを決定付けるものだったんですが、蜂須賀家も実は東軍なんですよね。

これで蜂須賀家が西軍に与して没落していくなら分かりやすいんですが、東軍で参戦した蜂須賀至鎮もまた徳川家康の養女と結婚していて、戦後は本領安堵、徳島藩の初代藩主となっているんです。

以降、黒田家と蜂須賀家は150年に渡る不通大名となるわけです。いろいろ複雑ですよね。。。


次週予告編で長政のアノ兜が出てたwww

とうとう登場! アノ兜!

f:id:hi-zakky:20141124004419j:plain:w300

この兜は一の谷形兜(いちのたになりかぶと)っていうんですが、こちらのエントリーで触れているのでよろしければどうぞ。

実は戦国ってお洒落さんが多かった? 変わった形の兜を集めてみた! - おれブログ


これ、馬で駆けたら風圧で首やられるのでは???(;´・ω・)



リアクションの殿堂 [DVD]
ビデオメーカー (2009-08-27)
売り上げランキング: 7,533