読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おれブログ

インターネット業界の片隅にいる40代のオッサンによる雑記系ブログです。


ムシキング復活! よっしゃオッサンは昆虫で一儲けしてやるか!

日々雑感

あの甲虫王者ムシキングがアーケード版で復活するらしい。

-王者・帰還-

かっけえええええええええ!

けど、さすがにいい年こいたオッサンが子ども向けゲームに興じるワケにはいかんよね。

アイカツおじさんならぬムシキングおじさんになっちまうw

つーわけでオッサンはホンモノの昆虫を飼育したらいいんじゃないかと。

f:id:hi-zakky:20150125145932j:plain:w400



新甲虫王者ムシキング 王者・帰還

間もなくロケテストだそうです。やべぇ気になるw

f:id:hi-zakky:20150125133841j:plain:w400

http://mushiking.com/sp/index.html
新甲虫王者ムシキング|セガ



アダーは? アダーは出るの?

そういえばネブ博士は今どうしてるんだろう。まだ変な髪形なのかなぁ。



昆虫で一山当てよう!

いい年こいたオッサンがムシキングやるわけにもいかんでしょ。

こうなっちゃうからね。。。(´・ω・`)

f:id:hi-zakky:20150125133842j:plain:w150



つーわけで、オッサンはホンモノの昆虫飼育を始めるのがいいかもしれない。

以前のムシキングブームの時は、国産オオクワが黒いダイヤとかってもてはやされて、1匹10万円以上で取り引きされたことも。

さすがに10万以上ってのはギネス級サイズとか特異な例だけど、大き目な奴で1匹数万ってのは普通にあったし、通常サイズでも1万超えてたりしてた。

それが今じゃ数千円で取り引きされてます。普通サイズ(70mm前半)だとペアで5000円以下とかだからね。



ちょっと計算してみよう。

注意しなきゃいけないのは一獲千金狙いでギネス級サイズを追い求めてはいけないこと。素人がどんなに頑張っても、その道のプロにはかなわないから。なので普通サイズの量産狙いで。

というワケで、まず5000円で種虫(親)を買う。

繁殖から産卵、幼虫孵化までで約1年、さらに幼虫から新成虫羽化まででもう1年かかるので、2年後に10匹に増えることとする。

2年後は復活したムシキングで昆虫ブームが来てるので、普通サイズが10000円以上で取り引きされると仮定すると、なんと総額10万円! つまり2年20倍になる計算だ! Sugeeee!

ちなみに1ペアから10匹ってのは平均以下で、もっと増える可能性も大いにあります。爆産だと30匹以上とかあります。

その一方で、新成虫羽化までには1匹1000円強とかの経費もかかるんだけどね。

大事なのはタイミング。上にも書いたけど、増やすには時間がかかります。ブームが来てから乗っても遅くて、予測して始めること。そしてブームに陰りが出たら即撤退!

うーむ、我ながら皮算用ですなぁw

国産オオクワ(ヤフオク)


国産カブトもオススメ

上では国産オオクワを例にしましたが、簡単に増やすという観点からするともっと楽なのがカブトムシ。

1ペア800円で購入して、1年後に20ペアまで増やせそう。ただし、ブームが来てもそんなに値上がりしない。

1ペア1000円で売れるとして、トータル20000円。1年で25倍。オオクワよりいいかも。

つーか、国産カブトなんて買うまでもないって話もあるんですが。

国産カブトムシ(ヤフオク)



あと外国産の飼育は、越冬用のヒーターとか温室とかが必要なので、やるには覚悟が必要。やはり手堅いのは国産ですね。

外国産にはいまだに高額昆虫がいますが、やはりハードルが高いですね。高いのには理由があって、やはり繁殖が困難だったりします。そして、素人が増やせるような状況になれば、それは即値下がりにつながります。この辺りの値動きはスイスショック並みだからね~。 サタンオオカブトやタランドゥスあたりの値崩れは本当にすごかった。

今だと多分この辺りが取引額最高なんじゃないかな。

ウエストウッディ(ヤフオク)

ユダイクスミヤマ(ヤフオク)



最後に書いておくと、生き物で金儲けしようってのは、相当な覚悟が必要です。

それと上に書いたのは、そもそもムシキングで再ブームが来る前提なんでね。ブームが来てなきゃ素人が増やしても売れないと思う。

そして肝心のブームなんだけど、難しいんじゃないかな~ (;´・ω・)

ジャポニカ学習帳の表紙から昆虫が消えた今、ぜひ来てほしいところではありますが。。。



世界のクワガタ・カブト図鑑&飼育BOOK

成美堂出版
売り上げランキング: 697,102