読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おれブログ

インターネット業界の片隅にいる40代のオッサンによる雑記系ブログです。


ツール・ド・フランス 初日タイムトライアルを制したのはローハン・デニス!

スポーツ

いやぁ、とうとう開幕しました。ツール・ド・フランス!

今年は自転車先進国オランダ、ユトレヒトでの開幕でした。

初日から個人タイムトライアルということで、正直、個人的には盛り上がりに欠けたんですが、やはり始まるとドキワク感が半端ないですね。

そして、初日を制してマイヨジョーヌを獲ったのはオーストラリアの25歳、ローハン・デニスでした。


f:id:hi-zakky:20150705094035p:plain:w300




ローハン・デニスが驚異的なタイムで第1ステージ優勝

初日のステージ優勝ということで、明日はマイヨジョーヌを着ることになります。

昨日はかなり前のほうの出走だったので、ホットシート(暫定1位の選手が座るイス)ではいつ抜かれるかとハラハラしながらの待機だったわけですが、結局ずっと座り続けました。

1990年生まれの25歳、自転車選手としてはまだまだ若手です。ツール・ド・フランスぐらいしか見ないにわかなので、こういう若手選手はあまり知らないんですが、今年2月にUCIアワーレコードの新記録を出してますね。ちなみに5月には別の選手に塗り替えられてます。。。(´・ω・`)

cyclestyle.net


4強の結果は?

今年の総合優勝争いはコンタドール、フルーム、キンタナ、ニバリの4強で争われることになりそうです。

というわけで、彼らの初日の結果を見てみましょう。

順位 国籍 選手 ゼッケン チーム 記録 タイム差 ニバリとのタイム差
1 オーストラリア ローハン・デニス 63 BMCレーシングチーム 14:56 - -
22 イタリア ヴィチェンツォ・ニバリ 1 アスタナプロチーム 15:39 +00:43 -
39 イギリス クリストファー・フルーム 31 チームスカイ 15:46 +00:50 +00:07
46 スペイン アルベルト・コンタドール 41 ティンコフ・サクソ 15:54 +00:58 +00:15
57 コロンビア ナイロ・キンタナ 51 モヴィスターチーム 15:57 +01:01 +00:18


昨日はキンタナがかなり早い段階で出てきて、トップから1分近くの遅れということで、これって遅すぎなんじゃ??? と心配だったんですが、終わってみればニバリからキンタナまで18秒ということで、これはいい具合に収まった感じです。


▼コンタドールの走り 沿道の観客がすごい
f:id:hi-zakky:20150705112608p:plain:w400


オランダ、ベルギーを経て、4日目にフランス入りします

ツール・ド・フランスっていうのに何でフランスじゃねーの?と思う方もいるかもしれませんが、この後、オランダとベルギーを抜けて4日目にいよいよフランス入りします。

明日第2ステージはオランダの低地コース。標高差がほとんどなくスプリンター達が時間を稼ぐ絶好のチャンス。ただし、オランダということで風がちょっと心配か。

続く第3ステージは舞台をベルギーへと移し、あのミュール・ド・ユイ(ユイの壁)に挑みます。平均勾配9.6%、最大勾配26%(公称19%)という全長1.3kmの激坂は必見です。見てるだけでも疲れますからねw 第2ステージまでは山岳ポイントが設定されてないため、この日が山岳賞初日ということになります。

そして第4ステージではベルギーからフランス入りし、パリ~ルーベというクラシックレースで有名なパヴェ(石畳)地獄を戦います。なんか波乱が起きそうな予感。。。 特に4強には無事に乗り切ってほしいです。

この第2~第4ステージあたりでは、引退の噂もちらついているカンチェラーラに魅せてもらいたいですね。


▼第1ステージの舞台ユトレヒトの街並み 中央はユトレヒトのシンボル、ドム塔
f:id:hi-zakky:20150705112428p:plain:w400


2013年、2014年の第1ステージ覇者、マルセル・キッテルは欠場

今年はキッテルが出てないんですね。2013年、2014年の開幕スプリントを制したマルセル・キッテルですが今年2月頃のウィルス感染の影響で今年のツールは欠場とのこと。

今年は開幕がタイムトライアルということもあり、3年連続の制覇は無理だとは思ってましたが、彼の驚異的なスプリントは楽しみのひとつでした。

昨年の最終ステージでのクリストフとのスプリント勝負は鳥肌ものでした。

hi-zakky.hatenablog.com