読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おれブログ

インターネット業界の片隅にいる40代のオッサンによる雑記系ブログです。


ブックオフの駐車場が車版椅子取りゲームになってた

日々雑感

少し前の話ですが、ブックオフの駐車場でとんでもないトラップにハマりました。。。

まさか車で椅子取りゲームやるとは思ってもみませんでした。(´・ω・`)


f:id:hi-zakky:20150815153714j:plain:w300


超デカい! BOOKOFF SUPER BAZAAR 多摩永山

今回の舞台はこちら!

BOOKOFF SUPER BAZAAR 多摩永山|本を売るならBOOKOFF(ブックオフ)


ここめっちゃデカいです。

4階建て!(゚Д゚;) しかも1フロアもかなりの広さ!

f:id:hi-zakky:20150815153643j:plain:w400



2010年頃は日本で数軒しかない巨大ブックオフの1つだったみたいです。

@nifty:デイリーポータルZ:日本に数軒しかない驚異のブックオフ


そんなメガブックオフで今回の悲劇?は起きました。 いや、たいして悲劇じゃないけど。


地下1階の駐車場の罠

表の駐車場が満車で地下1階の駐車場に回されたんですが、こちらも満車で3台待ちでした。

どうやら1台出たら1台入れる形のようだ。

まぁ、駐車台数も結構あって、出入りも激しいみたいなので10分も待たずに入れました。

駐車場に入ると一方通行の周回ルートがあって、そこをぐるぐる回って駐車スペースを探す流れに。

俺が中に入ったってことは、誰かが出たわけだから、そのスペースに停めれば済む話。

と思いきや、なんかもう1台ぐるぐる回ってる車が。。。(;´・ω・)


そして入り口からすぐの場所に2台の空きスペースが!

普通に考えて、俺とその車の2台がそこに停めれば話は丸く収まるのだが、、、



なんかって書いてあって、明らかに狭くて両側にぶっとい柱があって、もし無理やり停めてもドア開けるのしんどそうなところ。

先にグルグル回ってた車もそれが嫌で回ってる模様。

つーか、その車も俺の車も軽じゃないし。。。


2台の行く末は、、、?

で、どうなるかは普通に想像つくんだけど、次に空いたスペースを2台で争奪する形になってしまう。

まあ、こういった事情だから暗黙の了解で先に入った方が優先ってなるんだけど、後から入った方がその事情をすぐに察するかどうかは微妙だ。その事情に気づく前にたまたま目の前でスペースが空いたら停めちゃうと思う。

これ、軽のスペースが1台ならいいんだけど、2台だと争奪戦になっちゃう。そう、車版の椅子取りゲームみたいな感じ。

幸い俺もすぐ事情掴めたし、俺の後に入った車も分かってくれてたみたいだから、実際には椅子取りゲーム状態にはならなかったけと、これは運が悪い人には悲しいストーリーが待ってるよね。


駐車場のシステムはいろいろと課題が多い気がする。

なんつーか、2台の軽専用スペースがある時点で1台出たら1台入る方式が破綻するんだよね。

この2台を勘定に入れちゃうと今回のような悲劇パターンになるし、かといって除外すると常に2台の無駄スペースができてしまう。

2台の軽専用スペースは隣同士だから間の柱さえなければくっつけて普通車スペースにできるんだけど柱が邪魔。


店側としては少しでも多くの車を収容したいってことだろうけど、これじゃあダメでしょ。

大型店舗なのに駐車場無料時間は30分。このうちの数分は椅子取りゲームに参加しなくちゃいけないからね。運が悪いと10分近く停められないかも。もちろん何か買えば金額に応じて2時間までは無料になるんだけど、こういうお店って必ず買うものが見つかるとは限らないからね。


ちなみに俺が店を出るときは軽専用スペースに軽自動車が2台停まってました。この2台のおかげで休戦協定が成立していたw まあ、この軽が動けば協定が破棄されるわけだが。


この件に限らず、駐車場のシステムって課題が多い気がします。

最近はセンサーライトで示してくれるとこもあるけど、広い駐車場で空いてるスペースが見渡せなかったり、あと障害者スペースの問題とかもあるよね。

IT化しやすそうで、実はうまくIT化できてないような気がするんだよなー。

一応IT業界の片隅にいる人間としては、なんかビジネスチャンスありそうな分野だなぁ、とはいつも思ってます。



コインパーキングで年1200万円儲ける方法
上原 ちづる
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 10,507

誰も教えてくれない「駐車場」ビジネスの始め方・儲け方
山下 和之
ぱる出版
売り上げランキング: 315,613