読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おれブログ

インターネット業界の片隅にいる40代のオッサンによる雑記系ブログです。


日テレドラマ エンジェル・ハート第5話感想 シティハンター・コンビ再開

テレビ

エンジェル・ハート第5話、今週は1時間半遅れで録画視聴。

いよいよ香瑩もシティハンター稼業に加わり、コンビ再開となりました。

香瑩は笑顔もだいぶ出てくるようになりましたね。


エンジェル・ハート 1stシーズン 5巻
ノース・スターズ・ピクチャーズ (2015-06-08)


第5話ストーリー

エンジェルハートは原作を読んでなかったけど、やっぱストーリーいいね。本編シティハンターと同じで裏稼業の中のハートフルストーリーって感じなのがいい。

今回はレギオンから対立組織に送り込まれた女スパイ、パイラン(前田亜季)の物語。

このパイランはシンホン(三浦翔平)がレギオン時代に唯一心を許した仲間だったらしい。でも香瑩(三吉彩花)とは面識がないらしい。

そういえば三浦翔平って生田斗真に似てね? 三吉彩花は成海璃子に似てるし、このドラマは似てる人が多いな。


おっと、話が逸れた。

そんなパイラン、なんと自ら腹を刺して隼鷹会の会長・早川(岩城滉一)に近づくことに成功。いや、どうやらパイランはマジで自殺図ったのに、早川は2年前の抗争でなくなった娘の生き写しだった彼女を何としても救おうとした。その気持ちに触れて暗殺者としての任務を捨てて、早川を守ることにしたパイラン。

もちろんレギオンがだまっちゃいなくて、シティハンターコンビは隼鷹会側に入って早川とパイランを助けるという話でした。


あれ? しばらくレギオン出てこないと思ったのに普通に出てくるんかい。しかも相変わらず弱いしw 特にあのナンバー2的なやつ、カリート(和泉崇司)が冴羽獠(上川隆也)に全く歯が立たなくて頼りない。

あ、そういえばカリートくん、最後にレギオンのトップ李(竜雷太)が部下の命を何とも思わないような発言にちょっと反抗的な目をしてた気がする。もしかしてカリートくんまで組織を裏切ったりするのかな?



冴羽とシンホンの絆

今回、シンホンとパイランの会話から分かったのは、シンホンが冴羽に絶大の信頼を寄せているということ。そして冴羽もシンホンを可愛い弟分と言っていた。この辺りの絆はこれまでちゃんと描かれてなかったように感じる。

原作だとしっかりと描かれてるのかな? やっぱり原作を読んでみたくなる。


このドラマが終わった直後、年末年始に全巻買いしちゃうかも。

エンジェル・ハート コミック 全33巻完結セット (BUNCH COMICS)
北条 司
新潮社
売り上げランキング: 1,837



今回の見どころは香瑩の笑顔とキス顔、それから獠ちゃん走りw

今回はオカマ集団にも指摘されていたが、香瑩が自然な笑顔を見せるようになってきた。ずっと感情が乏しかったが、人間らしさを取り戻しつつある。

そういえば、前回は心臓移植で命を長らえた高畑、そして今回は自殺を図ったものの一命を取りとめたパイラン。どちらも香瑩の境遇と同じなんだよね。香瑩は自分と同じ境遇の人が懸命に生きているのを見て、自分が生きる意味を取り戻していってるんだろう。

もっともっと笑顔が戻りますように。


それと香瑩がシンホンに催眠術をかけるシーンがあったんだが、その時のシンホン目線の香瑩キス顔はたまらんかった人も多いだろう。これも今回の見どころの1つだったのかな。



あと、上川隆也の獠ちゃん走りがよかった。ふざけた走り方に見えて、実は結構なスピードw こういう細かい演出が素晴らしいと思った。



しかしレギオンそろそろ本気出してほしい。冴羽獠が圧倒的すぎてハラハラ感が全くないのが物足りない。カリートくんは遠くから爆発炎上を見ただけで遺体もチェックしない詰め甘君だからもうちょっと強いの投入しないとw