読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おれブログ

インターネット業界の片隅にいる40代のオッサンによる雑記系ブログです。


NHK大河 軍師官兵衛 第19話「非情の罠」感想

歴史

先週の村重に続き、赤ッパナ小寺がついに暗黒面に!

村重の「人間とはかくも恐ろしきことを考えるものなのかと」というセリフが耳に残るわー(´・ω・`)


NHK大河ドラマ 軍師官兵衛 一




摂津一国が反織田勢となる

信長から摂津一国を任されていた村重なだけに、彼の謀反は織田にとっては一大事。摂津領内の石山本願寺や東播磨の三木城、毛利に匿われている足利義昭なんかもつながって、摂津を中心とした一大反織田勢力が出来上がりました。これぞ戦国って感じですな。

有岡城に出向いた明智光秀と羽柴秀吉の説得にも全く応じる気配なし。石山本願寺との和睦交渉に失敗した辺りから村重のあの快活さがなくなってたからね。ほんとにもうどうしちゃったのか。

そしてこの村重の反旗に呼応したのが、官兵衛の主君である小寺政職、通称赤っパナでした。

兄貴のように慕ってた村重ニキに続いて、主君赤っパナ小寺まで謀反ということで、官兵衛ちょっとかわいそう。



人間とはかくも恐ろしきことを考えるものなのかと(((゚Д゚)))

村重のこの言葉、本当に耳に残るなぁ。

やっぱり村重って、戦国大名としては優しすぎで、臆病すぎだったんだなぁ、と思った。謀反も信長に対する恐怖心によるものだし、官兵衛の幽閉は優しすぎて殺せなかったわけだし。

むしろ非常に徹している点では赤っパナの方が戦国大名なんだよなぁ。しかも自分が手を下すと黒田家に攻められるから村重に頼むとか、変なところで頭が回ってるしな。実際若い頃は結構活躍して、地力で御着周辺の勢力を築いたとかって話も聞くしね。この大河ドラマでは少し脚色がコミカルなんだけど、実際はしっかりした戦国武将なはず。

それにしても今回の裏切りっぷりは見事だった。「官兵衛を頼れと、それがお紺の遺言じゃった。やはり頼りになるのはおことだけよ」とか言って、あの切れ者の官兵衛も騙されたからなぁ。

▼やる時はやる男!眼光鋭い小寺政職
f:id:hi-zakky:20140511235817j:plain:w400


魔王降臨!

裏切り者への憎悪が人一倍強い信長。その理由は実弟信行の謀反だったんですね。自ら実弟に手を下したってことがトラウマになってたのか。

ドラマでは信長が信行を殺したってことになってましたが、実際のところは家臣がやったとか、自刃だったとかいろいろ言われています。確かなのは信行が二度にわたって信長に反旗を翻したこと。一度赦したのにまた裏切られたんだよね。そりゃ信長も魔王化するわ・・・

そして今回、やはり信頼していた村重の裏切りとあって、その怒りは尋常じゃなかった。お濃の鼓で敦盛を舞った信長の目は魔王のそれでした。

▼お濃の鼓で敦盛を舞う信長
f:id:hi-zakky:20140511235818j:plain:w400

人間五十年
下天のうちを比ぶれば
夢幻の如くなり
一度生を享け
滅せぬもののあるべきか

そして天正6年(1578年)年11月、信長自ら兵を率いて出陣。南蛮甲冑でしたね。やっぱ魔王モードだw

▼魔王モードの信長さん
f:id:hi-zakky:20140511235819j:plain:w400