読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おれブログ

インターネット業界の片隅にいる40代のオッサンによる雑記系ブログです。


宇宙130億年のシミュレーション動画がすごい

サイエンス

WIRED.jpで紹介されていた最新の宇宙シミュレーション動画が衝撃的でした。

動画を見ながら宇宙の壮大さを考えるとなんか色んなことがどうでもよくなってくる不思議。大事なことまでどうでもよくなりそうなのが困りもんですが・・・(´・ω・`)


ガリレオからハッブルまで~宇宙の果てを探る望遠鏡の旅~ [DVD]




こちらがその動画。


▼詳細はこちら

宇宙の130億年を、2分半で体験する(動画あり) « WIRED.jp

ソースより一部抜粋

5月7日付けで「Nature」誌に発表されたこの最新モデルは、ビッグバンの約1,200万年後から、暗黒物質、ダークエネルギー、星間ガス、塵の進化をたどっている。
宇宙をシミュレーションしようとする場合、直径およそ3億3,000万光年に及ぶ宇宙を、重要な要素がすべて収まる程度に大規模に、しかしスパコンがクラッシュしない範囲で再現しなくてはならない。


あれ? ビッグバンは? って思った方。

残念ながらビッグバンは再現してません。

上記記事にはビッグバンから1200万年経過したところからスタートしてるって書いてありました。でも、動画見ると、最初は Time since the Big Bang 0.4 billion years って出てるので、4億年後くらいからなのかも。1200万年と4億年だと全然話が違いそうだけど、まあ仕方ない。



というわけで、動画ダイジェストです。

▼ビッグバンから8億年後 青いのは暗黒物質(ダークマター)です。
f:id:hi-zakky:20140514001156j:plain

▼26億年後 暗黒物質が増えてきました!
f:id:hi-zakky:20140514001157j:plain

▼42億年後 だいたい35億年後くらいから、爆発が始まりました。ちなみに暗黒物質の表示からガス温度の表示に切り替わってます。
f:id:hi-zakky:20140514001158j:plain

▼66億年後 爆発があちこちで。
f:id:hi-zakky:20140514001159j:plain

▼88億年後 表示は重元素モードに変わっています。紫色に見えるのが重元素で、地球や生命の誕生に重要な役割を果たしている物質です。この後くらいに太陽や地球が誕生します。
f:id:hi-zakky:20140514001200j:plain

▼100億年後 重元素の拡散が続きます。地球で原始生命が誕生しました。
f:id:hi-zakky:20140514001201j:plain

▼120億年後 再び暗黒物質モードに戻りました。地球にはまだバクテリアみたいな単純生物しかいません。
f:id:hi-zakky:20140514001202j:plain

▼138億年後 今ですね。人類はインターネットを楽しんでますwww
f:id:hi-zakky:20140514001203j:plain

▼同じく138億年後 可視光モードになったので、見慣れた宇宙空間になりました。お疲れ様でした。
f:id:hi-zakky:20140514001204j:plain


いやぁ、やっぱり宇宙はスケールがでかい。なんか悩みとかどうでもよくなるレベルだね。


ビッグバンから30数億年~70億年くらいのあちこちでの爆発を見ていると、これ思い出しますね。宇宙と人間の脳内の活動が似てるとかってやつ。

f:id:hi-zakky:20140514004228j:plain


やっぱりこの宇宙は超巨大な誰かの脳内の一瞬の出来事なのでは? そして俺たちの脳内でも絶えず宇宙が生まれては消えてを繰り返してるのでは? 俺たちの脳内で俺たちみたいなのがインターネットやってると思うと、、、

いや、そんな事はないとは思いますが、ちょっと夢があるというか、壮大な妄想ってのもたまにはいいもんです。