読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おれブログ

インターネット業界の片隅にいる40代のオッサンによる雑記系ブログです。


ツール・ド・フランス2015 第1~7ステージの振り返り

スポーツ

あっという間に1週間が過ぎ、全日程の3分の1が終わったツール・ド・フランス2015

昨年に続いて今年のツールも第1週が壮絶すぎです。(´・ω・`)

すでにマイヨ・ジョーヌに袖を通した4人のうち2人がリタイアしてます。

そんなツールの第1~7ステージを振り返ってみたいと思います。


f:id:hi-zakky:20150711142546j:plain:w300



マイヨ・ジョーヌとは

冒頭でマイヨ・ジョーヌに袖を通した4人のうち2人がリタイアと書きましたが、このマイヨ・ジョーヌについて簡単に説明を。

マイヨ・ジョーヌというのは、個人総合首位の選手が着ることができる黄色のリーダージャージのことです。

獲得翌日のレースでこの黄色のジャージを着て走ることができます。

他にもスプリントポイント首位のマイヨ・ヴェール(緑)、山岳ポイント首位のマイヨ・ブラン・ア・ポワ・ルージュ(白地に赤水玉、別名マイヨ・グランペールとも)、25歳以下選手の中で首位のマイヨ・ブラン(白)なんかがありますが、やはりマイヨ・ジョーヌが一番価値があります。マイヨの中のマイヨってことですかね。


▼昨年の最終ステージでの1シーン 左から山岳賞のマイカ、新人賞のティボー・ピノ、総合優勝のニバリ、ポイント賞のサガン。
f:id:hi-zakky:20140729230450j:plain:w400


ちなみにマイヨは身体にフィットした服の総称で、サイクルジャージだけでなく、水着やレオタードなんかも含まれるようです。なるほどモジモジくん(古いw)もマイヨですね。


第1~7ステージの振り返り

今年も第1週は荒れてますね~ ざっと振り返りたいと思います。ざっとですが。

第1ステージが個人タイムトライアル(個人TT)だったため、実質初日となった第2ステージで4強のニバリとキンタナがいきなりタイムロス。特に昨年の覇者ニバリはトップのカンチェラーラから2分以上の遅れとなり、その影響は第7ステージ終了時の今も引きずっています。まぁ、これからですが。

そして翌日の第3ステージはユイの壁がゴールとなる見どころあるステージ。しかしまさかの結末が。あ、ステージ優勝のホアキン・ロドリゲスは順当といえば順当でした。しかし、なんと黄色いジャージを着たカンチェラーラがクラッシュに巻き込まれ、最後は痛々しいゴール。なんとかゴールしたものの翌日リタイアを発表。脊椎骨折だそうです。(´・ω・`)

そして第4ステージでは、それまでボーナスポイントに阻まれ、数秒の差でマイヨ・ジョーヌを逃していたトニー・マルティンがステージ優勝で見事に総合首位となりました。めっちゃ嬉しそうだったトニー・マルティンですが、第6ステージのゴール直前で落車、、、左手が使えない状況でチームメイトに支えられながらの痛々しいゴール。そう、彼も翌日リタイア。マイヨ・ジョーヌが呪われてますね。。。

昨日の第7ステージはトニー・マルティンのリタイアで12秒差のフルームにマイヨ・ジョーヌが回ってきましたが、彼はトニー・マルティンの手術成功を祈り、そしてマイヨ・ジョーヌへのリスペクトからマイヨ・ジョーヌ着用を辞退しました。そんな彼の行為に呪いが清められたのか、第7ステージは穏やかに終わりましたね。最後はマーク・カヴェンディッシュがゴール前スプリントを制し、今年初のステージ優勝。カヴェンディッシュは昨年初日でリタイアしており、今年も何度かゴール前スプリントに絡みましたが、どうもあと一息が足りない感じでした。スプリンターが活躍できるステージはほとんど残ってないので、ここで優勝できてよかったかと。

というわけで簡単な振り返りでした。


主要選手のタイム推移

4強+αの総合タイムの推移グラフを作ってみました。

f:id:hi-zakky:20150711153303j:plain

4強に関していえば第2ステージでついた差がそのまま残ってる感じですね。

しかし、サガンはコンタドールのアシストやりながらこの成績はすごいな。コンタドールを引いた後、最後のゴールスプリントに絡むし、どっかのステージでは終盤に事故に巻き込まれて先頭手段から脱落したのに、いつの間にか戻ってきて、しかも最後のスプリント勝負にも割って入ってたし。まだまだ若いしこれからが気になる選手ですね。


ステージ毎の優勝者、リーダージャージ獲得者は?

これも気になったのでまとめました。

種別 第1ステージ 第2ステージ 第3ステージ 第4ステージ 第5ステージ 第6ステージ 第7ステージ
ステージ優勝 ローハン・デニス アンドレ・グライペル ホアキン・ロドリゲス トニー・マルティン アンドレ・グライペル ゼネック・スティバール マーク・カヴェンディッシュ
総合首位 ローハン・デニス ファビアン・カンチェラーラ クリストファー・フルーム トニー・マルティン トニー・マルティン トニー・マルティン クリストファー・フルーム
スプリント賞 トニー・マルティン アンドレ・グライペル アンドレ・グライペル アンドレ・グライペル アンドレ・グライペル アンドレ・グライペル アンドレ・グライペル
山岳賞 ホアキン・ロドリゲス ホアキン・ロドリゲス ホアキン・ロドリゲス ダニエル・テクレハイマノ ダニエル・テクレハイマノ
新人賞 トム・デュムラン トム・デュムラン ペーター・サガン ペーター・サガン ペーター・サガン ペーター・サガン ペーター・サガン

マイヨ・ヴェールはしばらくはフルームが着続けることになるのかな。コンタドールがどこで追いつくのか、ニバリやキンタナは追いつけるのか、といったところが見ものです。

スプリント賞はグライペルが盤石かと思いきや、実は徐々にサガンが追い上げてます。生粋のグライペルは守り切れないんじゃないかと。

山岳賞のテクレハイマノは注目ですね。第6ステージでの逃げが決まり、アフリカ人初の山岳賞ジャージを手にしました。直前のクリテリウム・デュ・ドフィネでも総合成績で山岳賞をとっていて、実力のあるクライマーです。

そして新人賞のサガンはどうなんでしょうか。やはりスプリント賞のマイヨ・ヴェールを狙ってるんですかね。

彼は昨年のツールで一度もステージ優勝せずにマイヨ・ヴェールを着続けたんですね。それがきっかけとなって今年はボーナスポイントを復活させたとかって話もありますが、ここまでやはりステージ優勝をせずにスプリントポイント2位なんですよね。もしかしてまた同じことが起きたりして、、、

スプリンターのグライペルとオールラウンダーのサガン。どちらが最終的に緑のジャージを着ているのかも気になるところではあります。サガンは安定した強さは素晴らしいんですが、やはり緑のジャージはスプリンターに着てほしい思ってしまう。どうなることやら、、、



ツール・ド・フランス2015公式プログラム (ヤエスメディアムック475)

八重洲出版 (2015-06-19)
売り上げランキング: 2,052

マイヨ・ジョーヌへの挑戦 ツール・ド・フランス100周年記念大会 [DVD]
アップリンク (2006-10-27)
売り上げランキング: 8,553

OVERCOMING -ツール・ド・フランス 激闘の真実- [DVD]
ポニーキャニオン (2006-10-27)
売り上げランキング: 70,657